恋愛や性の健康に関する疑問や不安を解消する講演会 「安心して恋愛をするために知っておくべき大切なこと」開催

令和5年(2023年)9月にメディカルサポートセンターが実施した健康講座の様子
令和5年(2023年)9月にメディカルサポートセンターが実施した健康講座の様子

近畿大学メディカルサポートセンター(大阪府東大阪市)は、令和5年(2023年)10月16日(月)、東大阪キャンパスにて、近畿大学生と高校生以上の一般の方を対象に、「性の健康(セクシュアルヘルス)」を考えるイベント「安心して恋愛をするために知っておくべき大切なこと」を開催します。
日本産婦人科医会(東京都新宿区)常務理事 種部恭子(たねべきょうこ)氏、東大阪市保健所母子保健課・感染症対策課が性の健康についての最新情報を紹介し、恋愛や性の健康に関する疑問や不安に答えます。

【本件のポイント】
●恋愛や性の健康に関する医学的知識や最新情報を産婦人科医が講演
●産婦人科医等によるQ&Aコーナーを実施し、参加者の恋愛や性に関する不安や疑問を解消
●学生が司会進行や会場整理などのイベント運営を担当

【本件の内容】
近畿大学では、学生に健康づくりについて考える機会を提供するため、平成29年(2017年)からメディカルサポートセンターが中心となって健康講座を実施しており、令和5年(2023年)9月にはスキンケアについて学ぶイベント「行列のできる肌のお悩み相談所」を開催しました。
今回は、メディカルサポートセンターと、近大から地域・社会へヘルスリテラシー向上の気運を盛り上げることを目指す「大学生のセルフ・ヘルス・アッププロジェクト」が連携し、性の健康を考えるイベント「安心して恋愛をするために知っておくべき大切なこと」を開催します。日本産婦人科医会常務理事の種部恭子氏と、東大阪市保健所母子保健課・感染症対策課の職員による、プレコンセプションケアや性感染症に関する講演や、恋愛に関するパネルディスカッション、参加者から事前に募集した「産婦人科の先生に聞いてみたいこと」に回答するQ&Aコーナーを実施し、参加者の不安や疑問を解消します。また、イベントでは、学生が司会進行や会場整理などを担当し、参加者の先着50人に性の健康に関するサンプル品を配布します。

【開催概要】
日時  :令和5年(2023年)10月16日(月)15:00~17:00
場所  :近畿大学東大阪キャンパス ブロッサムカフェ3階 多目的ホール
     (大阪府東大阪市小若江3-4-1、
      近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対象  :近畿大学生、高校生以上の一般の方
     (定員100人、参加無料、要事前申込)
申込方法:下記フォームから申込み
     https://questant.jp/q/100ESM3I
お問合せ:近畿大学メディカルサポートセンター TEL(06)4307-3072

【プログラム】
15:00
「大学生のセルフ・ヘルス・アッププロジェクト」についての説明
近畿大学メディカルサポートセンター センター長代理・准教授 藤本美香
15:10
講演「プレコンセプションケア※ について」
東大阪市保健所 母子保健課 総括主幹 竹原陽子氏
15:20
講演「性感染症について」
東大阪市保健所 感染症対策課 主査 吉田香織氏
15:30
パネルディスカッション「恋愛・キャリア・結婚あるある、読み解きます」
座長 近畿大学医学部産婦人科学教室医学部講師 貫戸明子
近畿大学医学部産婦人科学教室助教A 甲斐冴
日本産婦人科医会 常務理事 産婦人科医 富山県議会議員 種部恭子氏
16:30
Q&Aコーナー
※ プレコンセプションケア:将来の妊娠を考えながら女性やカップルが自分たちの生活や健康に向き合うこと

【大学生のセルフ・ヘルス・アッププロジェクト】
近畿大学アカデミックシアターでは、学生が主体となって教職員、企業、地域住民と協働しながら新たな社会価値を生むことを目指して、毎年、学内公募でプロジェクトを募集しています。令和5年度(2023年度)は、学生プロジェクト23件、教職員プロジェクト11件、企業プロジェクト2件が採択されました。
「大学生のセルフ・ヘルス・アッププロジェクト」は、教職員プロジェクトとして採択され、近畿大学メディカルサポートセンター センター長代理・准教授 藤本美香ほか教職員と、学生11人が所属しています。近大から地域・社会へヘルスリテラシー向上の気運を盛り上げることを目指して、健康や医療に関する大学生の素朴な疑問や、他人には話しにくい悩みなどを解決するため、食や睡眠、皮膚や性など幅広い角度でイベントを企画し、知識の発信を行っています。

【関連リンク】
メディカルサポートセンター
https://www.kindai.ac.jp/health/


AIが記事を作成しています