SVPジャパン「AIとビッグデータによる高度な個別最適化の実現」に関するインサイト 3/23公開

~ビッグデータ解析、AIの活用により、より複雑でレベルの高いアウトプットを生むことが可能~

 昨今の情報テクノロジーの進化に伴い、個人の状況に応じた、リアルタイム性の高いコンシェルジュのようなサービス提供できる環境が整いつつある。
その実現において、重要な役割を担っている技術が2つある。1つは、多種多様なデータを収集し相互活用するIoTである(SVPインサイトVol. 17「IoT時代の到来とビジネスへのインパクト」https://www.svpjapan.com/insight/download/report_20230301_01.pdf 参照)。2つ目は、収集したデータの統合や活用を行うビッグデータとAI(人工知能)の技術である。
 本レポートでは、近年、最も注目を集めている情報テクノロジーのひとつであるAIと、個別最適化されたリアルタイムサービスを提供する上で欠かせないビッグデータについて考察する。

■ ビッグデータ技術によるリアルタイム処理の浸透

 まず、ビッグデータであるが、注目されるようになったのは10年程前からであり、Volume(量)、Variety(多様性)、Velocity(速度)の「3つのV」を備えているデータであると定義されてきた。

 ネットワークの進化、IoTやSNS、スマートフォン、クラウドの普及などにより、多様で膨大なデータが生成・蓄積されるようになったが、以前は、それらを処理する技術が十分ではなかった。ビッグデータ技術の登場は、メールやSNSの投稿、音声、動画、IoTデータなど、従来技術では分析が困難なデータ処理を可能にした。
 それは、ビジネスへ非常に大きな価値をもたらした。それまで対処できなかったデータを、スピーディーに分析処理することで、精度の高い予測やレコメンデーションにつながり、また、これまで分析できていなかったデータを活用することで、新たなファインディングスがあり、新規事業が企画・展開されることにもつながった。
 ビッグデータ処理においては、蓄積データを一括処理するバッチ処理と、データ発生時にメモリ上で処理するリアルタイム処理がある。また、その活用目的は、全体最適化と個別最適化に分類することができる。近年は、リアルタイム処理を活用した全体最適化、あるいは、個別最適化を実現するサービスが一般的になっている。

■ AIによる更なる高度化

 ビッグデータ解析から、さらに高度なサービスの創出に寄与するのがAIと言える。AIの活用により、より複雑でレベルの高いアウトプットを生むことが可能になる。

 AIが精度の高い判断をするには、学習するためのデータは必要不可欠であり、また、AIを活用することで、ビッグデータを効率的に処理分析できることからも、ふたつの技術の連携は重要であることがわかる。また、AI技術であるが、ルールベースの知的作業支援から、データを与え機械学習による最適解を判断し、コンピューターが自動でルールや相関性を発見するディープラーニング型AIへと進化を遂げている。

■ AIの活用事例

 企業におけるAI活用は進んでおり、数多くの導入事例が見られる。傾向としては、製造業やヘルスケア領域における、業務プロセス改善やクロステックサービスへの活用が多い印象である(以下一例、出典:各社ホームページ情報より当社作成)。利用している企業・組織は課題を明確にし、その周辺のビジネスデザインを再構築することで、AIの効果を最大化しているようだ。

 また、私たちの身近にある、検索エンジンやスマートスピーカー、会話型ロボットなどでもAIが活用されている。

■ 終わりに

 SVPジャパンでは、会員様向けサービスを通じて、世界のビジネス情報や市場データ、技術動向、成功事例などをご提供させていただきます。新サービス「SVPナレッジ(ニュースリリース参照)https://www.svpjapan.com/profile/news/pdf/20230210_01.pdf」においては、テクノロジー関連の市場調査レポートも提供します。是非、当社サービスの利用をご検討ください。

■SVPジャパンについて

「成功に導くビジネスの知を、もっと身近に」をミッションとした、会員制ビジネス情報提供サービスプロバイダー。会員企業には、ビジネス公開情報に基づくクイックリサーチ、カスタムメイド型プロジェクトリサーチを提供。日本は1974年に創業し、現在世界40カ国に渡るネットワークのメンバーとして、大手企業を中心とした会員企業の意思決定を情報力でサポートしています。
 2021年には事業継承のため、経営体制を一新し、ガバナンスの強化、情報提供サービスの拡大、そして進化することを目指し、第二の創業をスタートしています。

《会社概要》
社名: 株式会社SVPジャパン
代表取締役: 橋本 雅
所在地: 東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-9 宮前ビル2F
設立年月日: 1974年7月1日
事業内容: 会員制のビジネス情報提供サービス
URL: https://www.svpjapan.com/