神代植物公園「つつじウィーク」のお知らせ 令和5年4月11日(火)~5月7日(日)

見晴らし台からの眺め(令和4年撮影)
見晴らし台からの眺め(令和4年撮影)

神代植物公園の“つつじ園”は、サッカーコートよりも広い7,800㎡の広大な敷地にクルメツツジ、ヒラドツツジ、サツキツツジなど約270種類、12,000株が植栽されています。例年4月中旬~5月上旬には花盛りを迎え、一面が色とりどりの花で埋め尽くされます。
その見頃を迎えたつつじ園の360度パノラマを一望していただけるよう、つつじ園に“見晴らし台”を設置します。また、古くから伝わる貴重な品種や見どころを紹介する講演会やガイドを実施します。
春の心地よい日差しの中、艶やかな彩のつつじ園の景色をご堪能下さい。




神代植物公園「つつじウィーク」

1.日  時   

令和5年4月11日(火)~5月7日(日) 

9時30分~17時(最終入園は16時)
※毎週月曜日(祝日の場合は翌日)は休園日

2. 内  容

(1) つつじ園「見晴らし台」360度のパノラマ! 

1メートルほどの高さから、広大なつつじ園全体を360度見渡すことができま
す。

■日程
期間中
※休園日を除く
■場所
つつじ園中央付近
■入場
無料(別途入園料が必要)

「見晴らし台」の様子(令和4年撮影)
「見晴らし台」の様子(令和4年撮影)

★「つつじ園見晴らし台」からの眺めをTwitterでご覧いただけます。(令和4年撮影)


(2)講演会「江戸園芸 ツツジの園芸品種の発達」

江戸時代の元禄の頃に大流行し、その後海外にも伝わった日本の代表的な園芸植物ツツジ。 講演会では、その歴史と園芸品種の発達についてお話しした後、つつじ園で花を見ながら解説します。

■日時
4月22日(土) 13時30分~15時30分
■場所
植物会館2階集会室(園内マップ参照)
■講師
日本植物園協会 専務理事
倉重 祐二氏
■参加費
無料(入園料別途)
■定員
20名(事前申込み制/Web又は往復はがき)

「講演会」の様子(令和4年撮影)
「講演会」の様子(令和4年撮影)

(1)下記のWebサイト、または右記申込みQRよりお申込みください。
○申込みサイト:https://forms.office.com/r/ubveBPJ1KX

(2)往復はがきに、①イベント名②参加者全員(1枚につき2名まで)の氏名(ふりがな)③代表者の住所
④代表者の電話番号を明記し、下記までお申込み下さい。
○申込先:〒182-0017調布市深大寺元町5-31-10 神代植物公園「ツツジ講演会」係

【締切日(Webサイト・ハガキ共通)】
令和5年4月3日(月)必着
※応募者多数の場合は抽選になります。
※当落結果については、申込者全員にイベント開催日の1週間前までにお知らせします。

申込みQR
申込みQR

(3)ガイドボランティアによる「つつじ園ガイドツアー」※荒天中止

ガイドボランティアが、見頃の“つつじ園”を中心に園内の見どころや見頃の植物
をご案内します。

■日時
4月16日(日)、23日(日)
各日10時30分~、13時30分~ 
(各回約60分程度)
■集合場所
正門そば 情報棟付近 
■参加費
無料(入園料別途)
■参加方法
各回開催時間迄に、集合場所へお集まりください。
■協力
神代植物公園ガイドボランティアクラブ


【古くから伝わる園芸品種】

本霧島(ほんきりしま)
本霧島(ほんきりしま)
花車(はなぐるま)
花車(はなぐるま)
酔楊妃(すいようひ)
酔楊妃(すいようひ)
老の目覚(おいのめざめ)
老の目覚(おいのめざめ)


3. その他

・新型コロナウイルス感染拡大や電力需給のひっ迫状況により、イベントや一部サービスを中止・休止・変更することがあります。ご来園前に公式ホームページ・公式Twitter にて最新情報をご確認ください。
・来園者の方々へお知らせです。本公園は、皆様の安全に配慮しながら、節電して営業しています。電力を「へらす」「つくる」「ためる」HTTに、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


園内位置図


都立神代植物公園について

武蔵野の面影が残る園内で、四季を通じて草木の姿や花の美しさを味わうことができます。
この公園はもともと、東京の街路樹などを育てるための苗圃でしたが、戦後、神代緑地として公開されたあと、昭和36年に名称も神代植物公園と改め、植物公園として開園されました。

【開園時間】
 9時30分~17時(最終入園は16時)
【休園日】
 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
 12月29日~1月1日
【住所】
 調布市深大寺元町5-31-10
 調布市深大寺元町二・五丁目
 深大寺北町一・二丁目
 深大寺南町四・五丁目
【交通】 
・京王線から
 調布駅から小田急バス吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車、
 または京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
 京王線つつじヶ丘駅から京王バス深大寺行き「神代植物公園」下車
・JR中央線から
 三鷹駅または吉祥寺駅から小田急バス調布駅北口または深大寺行き「神代植物公園前」下車
【入園料】
一般 500円
65歳以上 250円
中学生 200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※水生植物園及び植物多様性センターは無料で入園できます。
※パスポート料金等詳細はHPをご覧ください
【問い合わせ先】
神代植物公園サービスセンター 
〒182-0017
調布市深大寺元町5-31-10
042-483-2300


AIが記事を作成しています