今夜は七夕。鹿児島にシカゴ、仮想世界の夜景まで。Atmoph Window 2で、世界各国の夜を独り占め

坊津の星空
坊津の星空

今夜は七夕。今年は少し趣向を変えて、世界各国の夜をお部屋から独り占めしてみませんか。

Atmoph Window 2は、世界各国1,400本以上の風景を楽しむことができる、世界とつながる窓です。風景はすべてAtmophオリジナルで撮影した、ここからでしか見れない特別な眺めです。各国ごとに雰囲気が違う夜空を、窓から見ることができます。

Atmoph Window 2で見られる夜景

シカゴ川やサンフランシスコといった華やかな都市の夜景から、京都の寺院まで。窓からは、様々な地域の夜の情景を眺めることができます。今夜はゆっくりと、窓の向こう側に広がる風景に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

シカゴ川の夜景 1
シカゴ川の夜景 1
高台寺の秋 2
高台寺の秋 2

さらには、Atmophが独自でつくりあげた2060年の京都を舞台とした近未来都市「新京都」からも、少し変わった夜の雰囲気を体験いただくことができます。

新京都の夜 1
新京都の夜 1

Atmoph Window 2について

Atmoph Window 2は、Atmophが独自で4K/6K撮影した1,200種類以上の風景映像とリアルなサウンドで、お部屋に開放感と癒しの時間をもたらします。2019年にクラウドファンディングサイトIndiegogoとMakuakeで発表した際は、総額で1億円の支援を受けました。

世界各国で自宅でのテレワークが主流になっている中、旅行に行っている気分で仕事ができると日本や海外のお客様に大変好評を得ています。また、家族で過ごすおうち時間が増えている今、窓の風景を見ながら旅行の計画を立てたり、昔の思い出を語ったりと団らんのきっかけにもなっています。