10/14(水)、15(木)中学3年生対象「事業所体験学習」を開催 近畿大学附属広島中学校福山校

近畿大学附属広島中学校福山校(広島県福山市)は、平成27年(2015年)10月14日(水)、15日(木)の2日間、中学3年生対象の「事業所体験学習」を実施、病院や動物園など様々な機関で職場体験を行います。

【本件のポイント】
●職場体験を通して、生徒が将来像を見いだし、自分探し・夢探しを現実化する。
●事前学習として「志望理由書」を書き、そこで何を学びたいかを明確にする。

【本件の概要】
本校は、平成19年度(2007年度)から中学3年生を対象に、2日間の事業所体験学習を実施しています。参加した生徒からは「自身の将来を具体的にイメージするようになった」などの声が聞かれ、貴重な学びの機会となっています。

本年度は福山市近隣の全59の事業所を希望グループ別に訪問し、体験学習を実施。終了後は事後学習として体験内容をレポートにまとめ、グループ別に報告会を行います。

■日時:平成27年(2015年)10月14日(水)、15日(木) 2日間
■対象:中学校3学年 140人
■協力:福山市近隣の全59事業所

【本件の背景】
近畿大学附属広島高等学校福山校は、平成12年度(2000年度)から福山地区の普通科校で初めて、教育プログラムに「事業所体験学習」を取り入れました。平成19年度(2007年度)には対象学年を高校1年から中学3年に移行し、日数も1日から2日に増加。今年で16回目の実施となり、各方面より高い評価を受けています。

【近畿大学附属広島中学校福山校】
本校は「未来志向の実学教育と人格の陶冶」を建学の精神とし、「人に愛される人、尊敬される人、信頼される人の育成」を教育理念とする近畿大学学園の附属学校です。

「創造性豊かなパーソナリティー」と「深い思考力」との融合、そして益々グローバル化していく現代社会の中で自ら判断し、行動し、リーダーシップを発揮していく人材の育成を目指し、広島県東部を代表する私立進学校として日々の教育活動を展開しています。

昨年度実習風景
昨年度実習風景